同人サークル「IronSugar」の戯言帳

同人サークル「IronSugar」と申します。DMM等で主にデジタル同人活動しております。

本当のプロ絵師は相場に左右されない

 

 ちょっと前の話題ですが↓

 

www.j-cast.com

 

 3万円が相場?っていうのはちょっと高すぎるイメージありますが、2500円でフルオーダーというのも安すぎる気もするので、まあ双方の金額ギャップがありすぎて炎上したような感じがしますね。

 

 でも、相場が下がる→自分にも被害が出る!っていうのはピンとこなかったり。

 

 絵師にしろ、デジ同人作家にしろ、自身の単価というか報酬を維持するには、その他大勢でもできるスキル程度ではダメなわけです。

 

 超絶クオリティ!詳細な描き込み!完璧なパース!こんな絵はプロにしか描けない!

 

 とか、

 

 このタッチ!この味!この雰囲気!オリジナリティ溢れるこの絵をかけるのは、世界で貴方だけだ!

 

 とか、そこまでいかなきゃ本当のプロじゃない。

 

 本当のプロ絵師は相場に左右されない

 

 だって、その絵師にしか描けないイラストなら、その人に頼むしかない。

 

 希少価値があるから報酬は維持される。

 

 あと、絵師が持つ知名度。も大事。

 

 無名の絵師と、著名の絵師、どっちのほうが宣伝効果が高いか?なんてもう考えるまでもない。

 

 クライアントとしては媒体の最大宣伝効果を狙いたいから、話題になりそうな絵師をチョイスしたり、より多くの注目を集めたいと考えたりします。

 

 基本的にクライアントは絵師に対して「技術」「オリジナリティ」「知名度」が揃ったときに、はじめて大金を払う気持ちになります。

 

 つまり商品に価値を感じるから数万~数十万円出すのであって、巷の平凡な絵師たちが「イラスト相場は3万!いいから3万くれや!」っていうのはズレてる。

 

 知名度もなく、没個性のイラストしか描けない絵師の報酬は2500円で十分

 

 今の時代、特集で上がってた主婦が描くほんわかとした絵柄でいいなら、「いらすとや」で全部まかなえちゃじゃない。

 

 求められてない。→だから安い。

 

 あるいは、そういう絵をかける人は何万人もいる。→だから価値が低い。

 

 自分にしか描けない絵、または知名度

 

 そういう付加価値にクライアントはお金を出すんだから。

 

 なんか、そういうクライアントの思考を全く理解してない絵師っていっぱいいるんだなーと思いましたね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

萌コン・総エントリーがついに2桁台へ!

 

 萌シチュコンテスト、略して『萌コン』。

 

 本日、総エントリー数が11作品となりました!

 

 いやー、よかったよかった。

 

 一時はエントリー2~3作品で終了しそうだったので「超ヤバイ」状態でしたが、ここまでくればOKでしょう。

 

 初めてのコンテスト企画&行き当たりばったりの割りに、一定の成果は出せたということで(まだ終わってないけど)

 

 さて、残りは3日くらいしか残っていませんが・・・

 

 駆け込みエントリーは大歓迎です!

 

 なんなら11月30日をちょっとオーバーしてもOKです。

 

 選考は12月上旬に終わらせて、ちゃちゃっと賞金をお支払いしますので。

 

 エントリーお待ちしております!! ↓

 

 エントリーはこちら!!

 

 

 

 

 

 

 

青水庵先生にブロックされてました(泣)

f:id:IronSugar:20171126103150j:plain

 

 青水庵先生の同人作家へのインタビューが見たくてツイッターにアクセスしたら驚愕しました。

 

 なんと・・・ブロックされとる(泣)

 

 いやーいつブロックされたんですかね?

 

 出版用の鉄砂糖アカウント作ったのはここ数か月なので、まあ最近だったとは思いますが、なんかショックですね~。

 

 なぜかというと、凄く尊敬してますから。

 

 青水庵先生は同人作家へのインタビューとか、なかなか興味深い試みをしていらっしゃるので、そういった情報発信の仕方も参考になるよなぁと感心しておりました。

 

 また自分が絵を描かずとも絵師に依頼して、企画立案で作品にしていくという手法も自分には無いもの。

 

 いやーまいった。

 

 あ!多分あのタイミングかな?

 

 売れてない人をdisった時にブロックされちゃったかな?

 

 やりすぎたもんなーあの時は。

 

 いやいや、そのほかにもブロックされる心当たりは無数にあるかも。

 

 ・・・。

 

 まあ、仕方ない!

 

 こんなポンコツ作家へ無視ではなく拒絶という形で興味を持ってくれただけ嬉しいわけですしね(マゾ)

 

 これで青水庵軍団に関わる可能性は消滅ですよ。

 

 って言っても、まあもともと同人作家っていうのは個人活動が主体ですからね。

 

 大手作家とつながっても、自作の売り上げは伸びないのだし。

 

 そういう販促目的なら、各社の電子ストアの担当者や営業の方と会うほうがよっぽど建設的な訳です。

 

 なので自分からしたら、作家同士が繋がってなんのメリットがあるのかなと思ったり(※注 決してdisではなく個人的な意見です!)

 

 という事で、これまで通り自分の事だけ考えて行動しますよ。

 

 ・・・さて、自分の事といえば前から一つ目標があります。

 

 それは・・・

 

 大手作家に並ぶ売上を出すこと。

 

 ちなみに、個人的にデジ同人界隈で大手とする基準は↓

 

 1作品だけで1千万の売上を出したかどうか?

 

 と、勝手に定めております。

 

 今、妹NTR作品を作っておりますが、この作品でDMM同人で1千万円売り上げることが今の目標です。

 

 それが達成できて初めて大手作家を名乗れる。

 

 大手レベルの売上規模という意味で。

 

 毎作1千万以上の売上を出せれば、いずれ青水庵先生みたいに億ションを買うくらいの儲けを出すことが出来るでしょう。

 

 そのために頑張っています。

 

 売上のため、将来のため、老後のため、資産形成のため。

 

 バリバリ頑張りますよワタクシは!

 

 ・・・。

 

 う~ん・・それにしても。

 

 もしかしたら自分は、他の大手の人、著名な人にもブロックされてるんだろうか?

 

 佐藤秀峰先生にもブロックされたら泣きます。さすがに。

 

 ブロックはほどほどにお願いします♪

 

 

 

 

 

 

 

医者よりもデジ同人作家の方が良い!

 

 自分には上に兄弟2人おります。

 

 一番上の兄は医者です。そしてその下は公務員。

 

 画に描いたようなエリート兄弟の中、自分だけが同人作家

 

 まぁ自分は昔から勉強も得意じゃなかったし、高校でも大学でもふら~っとしてたんで、将来の事なんて真剣に考えてなかったですし当然の結果です。

 

 だから最初にブラック企業に捕まってしまって、その後も中小企業を渡り歩いて苦労するハメになりました。

 

 ・・・まあそんな過去の事はいいとして。

 

 昨年、医者である兄に年収の方を聞いたことがあります。

 

 その時ははぐらかして答えてくれなかったんですが、親に聞いたら「2000万くらい貰ってるから、自分たちが劣等感を抱かないように言わなかったんじゃないか」と言ってました。

 

 その時の自分の感想はこちら↓

 

 「え?医者って2000万くらいしかもらえないの?」

 

 と言う感じ。

 

 いや、年収450万のサラリーマン時代だったらクッソ羨ましかったと思います。

 

 でも、今となっては「自分と同じくらいなんだぁ」という感想でしかない。

 

 医者といっても雲の上の存在ではないんだ~みたいな。

 

 逆に親近感を抱いてしまった感じでした。

 

 まあ、将来的にもこの収入の規模が維持できなかったら意味ないですが。

 

 でもデジ同人作家でも医者と並ぶくらいの年収を稼げるんだっていうのはのある話だと思います。

 

 医者になるより、デジ同人作家になる方が滅茶苦茶簡単ですから。

 

 免許とかいらないし。

 

 エロい想像力、行動力があればいつでもスタートできる。

 

 売れれば1作品で数百~千万を稼げる可能性もある。

 

 そして、販路拡大やキャンペーン販促で大きく結果も変わってくるので、その手法を研究する面白さもある。

 

 資金が増えれば制作環境を良くできるし、面白い企画を実現できたりする。

 

 そういう事を考えると・・・

 

 デジ同人作家は面白い・・・

 

  デジ作家は超面白いぞ!!最高!!

 

 

 こんな理想的な職業は無いですね。

 

 医者よりもよっぽどデジ同人作家の方が良いですわい。

 

 ・・・とか思いながら今日も頑張って作業しております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

萌シチュコンテスト優勝賞金10万⇒20万に変更!

 

 萌シチュコンテストの賞金額をUPしようと思います。

 

 また、準優勝も追加しようと思います。

 

 変更&追加後は以下のとおり↓

 

 優勝(1名)・・・20万円

   最もグッときた萌えシチュを表現した人が受賞。

 

 ・準優勝(1名)・・・10万円

   優れたシチュを表現した人が受賞。

 

 ・努力賞(1名)・・・5万円

   コンテストへの情熱が感じられた人が受賞。

 

 ・先着エントリー(5名)・・・1万円

   先着エントリーした方が受賞。

 

 

 今回のコンテストのコンセプトは・・・

 

 エントリーした人を稼がせる!です。

 

 そうすれば次回のコンテストのエントリー数はきっと伸びるはず。

 

 なので・・・どどんと賞金額をUP

 

 言ってみれば次回への先行投資ですね。

 

 ここは惜しみなくつぎ込んでいこうかと。

 

 来年も自分が儲かるようであれば、更に賞金額をUPします!

 

 まあ、逆に儲からなければ開催できないかもですが・・・。

 

 そうならないように自分も創作&販促を頑張ります。

 

 という事で、今回のコンテストでは、エントリー者をジャンジャン稼がせます!

 

 迷ってる人がいたら即エントリーしましょう!

 

 エントリーはこちら!!

 

 

 よろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

萌シチュコンテストに努力賞(5万円)追加!

 

 萌シチュコンテストにて、副賞を追加しようかと考えています。

 

 努力賞(1名)・・・賞金5万円

 

 この賞はCGの描き込み密度、丁寧に描かれたクオリティ、複数枚の応募等、本コンテストへの熱い情熱を感じた方へ送る賞です。

 

 やっぱりしっかりした作品をエントリーしてくれた人には、ちゃんとお返しをしたいという思いがありますので、こういう形にさせて頂きました。

 

 現時点の各賞をまとめますと↓

 

 ・優勝(1名)・・・10万円

 ・努力賞(1名)・・・5万円

 ・先着エントリー(5名)・・・1万円

 

 

 いい感じに賞が充実してきた感じがありますね。

 

 他にも思いついたら追加しようかと思います!

 

 

 

 

 

【本音】コンテスト参加者に金銭面で得してもらいたい

 

 先日、先着エントリー1万円企画を考えました。↓

 

ironsugar.hatenablog.jp

 

 こちらの企画は反響がよろしくて、エントリー数がいい感じに増加!

 

 なんか一安心できました。

 

 今回はコンテスト企画が初挑戦という事ですべてが手探り状態ですからね。

 

 コンテストを盛り上げるためには「エントリー数を増加させる」のが一番大事だなというのをホント実感しました。

 

 エントリーしやすいお題、エントリーを促す施策、そういうことも意識しないといけないんだなぁと。

 

 実際にやってみると色々と気づかされた点が多かった。

 

 宣伝に関してはエントリーが増えれば勝手に話題になるはずだし。

 

 やっぱコンテストの成功は、エントリーをどうやって増やすかがキモだなと。

 

 これは研究しがいのあるテーマですな。

 

 なので、今回だけに限らずに、コンテストは定期的にやっていこうかと思います。

 

 まあ、ネットではチラホラと「こんな微妙なコンテストにエントリーする奴はいない」的な事を言ってる人もいましたが、まあそういう状況だからこそ、今回エントリーして頂いた方にはできるだけをしてもらいたいと思っています。

 

 具体的には賞金・お金の形で。

 

 エントリーした人が実際に得をすれば、コンテストの注目度はUPするはず!

 

 良い作品があればプラスアルファの追加賞金も考えております。

 

 ・・・え?

 

 なんでこんな微妙なコンテストに十数万も金を注ぐのかって?

 

 会社に金が余ってるからです。

 

 今期の決算が数か月後に迫っているのですが、今年はあまりにも経費を使わなかったので、会社の利益が少し出すぎている状態になっています。

 

 自分の給与を増やしてもいいんですが、現状のところ高額な買い物は会社の経費で大部分が落とせるので、自分が大金を持つ意味があんまり感じられなくなったり。

 

 っていうか、金があっても物欲がない・・・。

 

 なので、会社がどんなに儲かっても自分の給与は年収1千万以下で固定にするつもりです。

 

 経費も使わない、役員報酬も少ない、従業員もいない。

 

 そうなると利益が凄く残ってしまう。

 

 利益が多いと法人税も高くなる!

 

 節税できなきゃなんのために法人化したのかわからない!

 

 まあ、税理士さんからは法人の保険を考えてはどうかと進められましたけどね。

 

 でも、どうせなら積極的に面白い事に使っていきたいなぁと思ってるわけです。

 

 保険で節税って守りに入る感じじゃないですか。

 

 攻めていきたい!何事も!

 

 まあ、どうしても余るなら保険もアリだろうけど。

 

 その点、コンテスト企画はSEO対策とかに比べると安価だし、宣伝手法としても面白いやり方な気がしています。

 

 今回は父娘シチュというマニアック路線でしたが、次回はJK・制服プレイとか、そういうライトなシチュにしていこうかなと思ったり。

 

 そんなわけで・・・

 

 コンテストは11月30日までエントリー受付中です!