同人サークル「IronSugar」の戯言帳

同人サークル「IronSugar」と申します。DMM等で主にデジタル同人活動しております。

8日間で売上200万円達成!収益も100万円超え!そして本を出します!?

f:id:IronSugar:20170908082741j:plain

 

 DMM電子書籍にてIronSugar作品は、まだまだ善戦!

 

 売上の方は確定分ですでに200万円を超えました。

 

 しかもまだ売上データが来ていない書店もあるので、もしかしたら250万以上になってる可能性もあるかもしれません。

 

 自分に入ってくる利益も100万円以上になることは確実です。

 

 当初は今月50~60万円いけば良いほうかな・・と思っていたので、正直ここまで売り上げが伸びるとは全く想定外でした。

 

 電子書籍、売れすぎ・・・

 

 っていうか、DMM電子書籍の販売力凄すぎ!

 

 8日間で100万円いってしまうなら、今月末まででどこまで行くのか?

 嬉しいような怖いような・・・複雑な心境です。

 

 でも、DMM同人につぐ巨大な販路がこれで完全に開拓できた気がするので、今後の活動の幅も大きく広がっていく気がしますね。

 

 

 さて、話はかわりますが・・・。

 

 来週くらいに文字だけの本を出します!

 

 IronSugarのこれまでの活動や方針、デジ同人で成功する方法、売上を出すプチアイデアパトロンサイトの活用法など、Entyで支援者専用に書いていた内容や、ブログの内容を編集したような構成になっております。

 

 

”作家は出版社から脱却せよ!”
Kindleアンリミテッドの寵児「IronSugar」の持論語り本。

「この程度の画力で稼げるなんて凄いね。」

2016年にKindleアンリミテッドで稼いでいた時に、多くの方から頻繁に投げかけられた言葉です。
一般的にエロ漫画家が売れるためには「画力」が一番大事であり、画力がない作家は売れないと思っている方が多いと思います。

しかし現実は必ずしもそうではありません。
今は、実力があっても稼げない作家は増えています。

なぜかというと、長引く出版不況のために本の部数が減少し、入ってくる印税が少なくなっているからです。
はっきり言って、プロである商業作家のほとんどは儲かっていません。

しかし、一方で個人で活動しているアマチュア・インディーズのデジタル同人作家は儲かっています。

自分は昨年の年収が2700万を超えて法人化しました。
そして出版社「鉄砂糖」を立ち上げ、電子書籍でも売上を伸ばしています。

なぜ、プロ作家よりもインディーズ作家の方が儲かるのか?
それは今の時代、個人で活動する方が有利だからです。

むしろ個人じゃないと稼げない時代なんです。

 

 f:id:IronSugar:20170908083935j:plain

 

自己啓発系やノウハウ系というよりは、いつもの持論語りを集約したような感じなので、気軽にさらっと読めるような内容だと思います。

 

 Kindleやその他の電子書籍サイトで配信しますので、気になる方はチェックしてみてください。