同人サークル「IronSugar」の戯言帳

同人サークル「IronSugar」と申します。DMM等で主にデジタル同人活動しております。

マンガ図書館Zの広告収入は切ない

 初めにいっておきたいのですが・・

 

 別に漫画図書館Zのあり方を否定するつもりはないのです!

 

 ただ、その収益モデルというか「広告収入」的な看板を掲げているであれば、それに見合った収益が実際に上がることが大事なんじゃないかと思うわけです。

 

 つまり、広告収入だけで十分な利益が出て、ビジネスが成立して初めて「広告収益型」なサービスと呼べるんじゃないかと・・まあ、そういう定義についての疑問符を投げたいわけです。

 

 6月の広告収入が出ました。

 

 ¥715でした。

f:id:IronSugar:20170914063631j:plain

 

 切ない・・・。

 

 なにが切ないかというと、同じようなタイトルをDMM同人に同時期に出していたら数十万円単位の売上になった事実があるので、それと比較してしまうとあまりにも広告収益型サイトの将来性に悲観的にならざるを得ないというか・・・。

 

 理想はわかるんですけどね!理想は凄く素晴らしい。

 

 ただ、この明細をみるかぎりだと、PDF販売やらkindleやらアンリミやらを駆使していかないと、まともな収益にならないのは明白。

 

 っていうか、もはや広告収入はオマケなんじゃないかと思うわけであります。

 

 無料公開して、読めば読んだだけ作者に還元されていくシステムなのはOKなんですが、現状は無料で配るよりは値段をつけてDMM電子書籍のように売れやすいサイトで販売したほうが100倍以上のお金になるんじゃないかと思ったり。

 

 そう考えると、広告収益で儲かるためには「絶版作品」ではなく連載中の人気作の海賊版であったり、最新商業漫画とかじゃないと、そもそも収益があがるほどの閲覧数を稼ぐことは不可能なんじゃないかと。

 

 っていうか海賊版サイトの方が億単位で儲かってることを考えると、出版社が自ら看板漫画を無料公開して広告収益で稼ぐっていうビジネスが成立してしまう。

 

 それこそが本当の海賊版の駆逐になるんじゃないか!?

 

 ちょっと話題がそれましたが・・・

 

 絶版になった作品を少なくともお金にしたい!という目的なら、マンガ図書館Zとしては目的はクリアしてるんだと思います。

 

 ただ、そうであったとしても、販売サイトで値段つけたほうがもっと儲かるし、読み放題ならkindleアンリミの方が稼げるしで、そうなるとマンガ図書館Zに登録する必要がどんどんなくなっていく。

 

 まあ、実際に収益化するのは凄く大変なことだとは思いますがね!

 

 無料をマネタイズするのはとっても難しい。

 

 でも!そうであっても!

 

 もうちょっと期待してたんですけどね・・!

 

 せめて月数万円になるのであれば、他の作品も登録しようかと思ってましたが。

 

 収益化は難しそうなので、一時撤退・・・。

 

 やはり収益として盤石なのは、

 

 1位 DL同人

 2位 電子書籍

 3位 携帯コミック

 4位 enty

 

 ・・・ということなのは変わらずですね。