同人サークル「IronSugar」の戯言帳

同人サークル「IronSugar」と申します。DMM等で主にデジタル同人活動しております。

高年収の男が求める結婚相手

 自分の去年の年収は2700万円でした。

 

 そして、今年は年商2000万円超えな状況でして、今月も来月も月収200万以上稼いでおります。

 

 世間一般的には高年収と呼ばれる部類だと思います。

 

 はい。いわゆる高所得者です。

 

 ・・・。

 

 みたいな事ばっかり言ってると「また自慢してるよ・・」と言われそうですな。

 

 そろそろ、ヒカルや与沢翼みたいに情報商材ビジネスでも始める気じゃないかと。

 

 いいえ。別にそんなことはやりません。

 

 自分はあくまでエロ同人作家(マイナー)

 

 そして電子出版業者(3流)でございます。

 

 ・・・まあ、そんなことはさておき。

 

 高年収の彼氏が欲しい&結婚したい女性の特集を最近テレビでみました。

 

 その内容はというと、夜な夜な高年収の男たちと飲み会して、なんやかんや彼女になろうとか、あわよくば結婚したいとか狙って、出会いを探してる女性が増えている・・・らしいと。

 

 まあそうでなくても、巷の結婚相談所でも高年収狙いの女性というのは昔から存在していますからね。

 

 確かにお金は大事です。

 

 一定以上の収入がないと安心感をもって暮らせないですし、老後にも備えられないし、子供を持つことも、家を買うことも、車を維持したりすることもできない。

 

 つまり年収はやっぱり最低限ないとダメだとは思います。

 

 ただ、年収は1000万以上必要か?と言われると、実体験としては結婚して生活して、貯蓄するのにそんなに必要はないと感じています。

 

 現に、2年前は年収700万くらいしか稼いでいませんでしたが、何も不自由なく生活してましたし、貯蓄もできたし、ちょっとした贅沢もできてました。

 

 1000万以上の年収があっても、普通の生活してるかぎりは、お金は溜まるだけなので、変な贅沢しない限りは全く必要ない。

 

 共働き前提ならお互い300~400万あればいいんじゃない?と。

 

 まあ、自分の生活水準がサラリーマン時代の年収450万のときから、たいして変わってないのと、金銭感覚も当時のままなので、なんというか大金を使う場所もないよなぁ~という感じ。

 

 ・・っていうか・・・。

 

 年収とかどうとかって、ぶっちゃけ結婚して子供生まれたら年収の有無なんてほとんど関係ないんじゃないかと感じたり。

 

 だって基本的に毎日子供の世話で忙しくなるし、まあ託児所に抵抗なく預けられるのでちょっとは楽だけれども、そんなに旅行したり、高い買い物したりとか、そういう時間的余裕はなくなる。

 

 専業主婦っていっても、子供がいたら結構忙しいです。

 

 少なくとも小学校入るまでは・・・その後は楽でしょうけど。

 

 何が言いたいかというと、結婚する条件に高年収である必要は全くない

 

 でも、なぜそれを必要とするか・・憧れるのかっていうと・・・。

 

 見栄しかないでしょうね?

 

 高年収の彼とどこどこ行った~とか、ブランドバック買ってもらった~とか、高級タワマンで同棲~とか、まあファッション感覚で「高年収」を欲してるだけかと。

 

 ファッションだから別に男自体に興味があるわけではない。

 

 「高年収」もそうですし「高身長」「イケメン」とか、まあそういうタグがついていればSNSで自慢できるし、リア充の女王として君臨できますからね。

 

 まあ、そういうことなんでしょう。

 

 一方で、高年収である自分がどう考えているかといいますと。

 

 高年収メンズ飲み会にくるような女は地雷でしかないと感じます。

 

 そして、きっと飲み会に参加してるメンズも気づいてます。

 

 だって彼らは頭がいいから。

 

 テレビを見ている限り、彼らはなんか偉そうにしてて、でも女性陣も選んでほしいからヨイショしてフォローする・・。

 

 彼らにしてみれば、ちょうどいい称賛を浴びたいだけで参加してるんじゃないかと。

 

 男っていうのは自尊心が高いですから、やっぱり褒められたり、称賛されると、そういった自尊心が満たされていい気分になります。

 

 年収が高ければ高いほど、そういう「俺は最強」っていう気分がたかまっていくので、それをリアルに認めてくれる第三者が欲しい。

 

 でも、それは第三者でいいわけです。

 

 より多くの人に称賛されたいわけですから、当然、彼女である必要はない。

 

 嫁にするなんてとんでもない!

 

 っていうか、嫁って考えると、むしろ「きゃー!お金いっぱいあってスゴイ!」みたいな性格の女なんか嫁にしてなんの意味があんのかと。

 

 そんなのはただの寄生虫です。

 

 男が嫁にほしいのはパートナー。

 

 つまり相棒が欲しいのです。

 

 仕事がうまく行っても、ダメであっても、ちゃんと支えてくれる女性じゃないと困るわけです。

 

 今はよくても、将来落ちぶれた時「アンタ年収低いからもう無理」とか言って家庭を放棄してしまうリスクを抱えた女なんか、絶対に嫁にしてくれません。

 

 そういうことをわかってるのか、いないのか。

 

 バカな女だから気づけないのか?

 

 まあそれで仮にうまく結婚できても、不幸な結婚生活になるのは目に見えてますけどね。

 

 それに学生時代にもてなかった男が、年収UPしてチヤホヤされだすと、つまんない女に引っかかってしまうケースもあるのかも。

 

 じゃあ、高年収狙いの女性は、冴えない高年収男性狙いでいくといいのか。

 

 うーん、まあそのケースでも不幸な結末になりそう。

 

 っていうか、こういう高年収ねらいの女性ってどういう結末を迎えるんですかね?

 

 是非、「高年収狙い女子の末路」をドキュメンタリー番組で追ってもらいたい。

 

 そういう救いのない話は大好物デス。