同人サークル「IronSugar」の戯言帳

同人サークル「IronSugar」と申します。DMM等で主にデジタル同人活動しております。

作品の販促・宣伝の極意をお教えします。

 最近はなんか気が向いたのでほぼ毎日、ブログを書いたりしています。

 

 しばらく放置していた状態から開始したので、最初はPV数は100~200という感じだったんですが、それが先週くらいに300~400程度に少しづつUPしまして、昨日は突然900超えました。

 

 どうやらまとめサイトさんが拾ってくれた効果。

 

f:id:IronSugar:20170920101947j:plain

 

 ありがとうございます。

 

  もっと拡散してください♪

 

 とはいっても、巷のアフィで稼ごうとするブロガーとは違うので、PV数が増加したところで別にそれで収入が入るとかは無いので、単純に張り合いでるなぁ~という感じなんですがね。

 

 ま、基本的にブロガー(笑)を得意げに名乗る人と同類だとは思われたくないので、PVにそこまで固執したりはないですが。

 

 それはともかくとして・・。

 

 まとめサイトに載るっていうのは、なんていうか、平凡で人畜無害なブログ書いてたらまず無理だと思うわけです。

 

 内容が面白くないとダメなわけですから。

 

 自分から「話題を作る」っていうのは、やってみるとなかなか難しい。

 

 特に今は去年みたいに「アンリミ」という日本中の出版関係者が注目するような、そういった大きな波が無い中で、どうやって自分自身に話題性を出すか?人に認知されていくような存在にするか?というのは頭を悩ます問題です。

 

 普通に大人しい性格だったら、きっと誰も興味を向けてくれない。

 

 そうなると年収を公開したり、ちょっと極論言ったり、暴言吐いたり、誰かをdisるくらいなキャラの方がやっぱ面白いんじゃないかと感じます。

 

 とはいってもこのキャラ・・というか言いたい放題する性格は、意図的にそうしてるわけではなく、かなり純粋な自分の「素」なんですけどね。

 

 その素をオブラートに包まないでそのまま直球でポンポン投げまくると、こういうキャラになっていくわけです。

 

 まあ、このブログもセルフマーケティングの一つとして発展していけばいいかなぁ~と思っているわけであります。

 

 さて・・・いよいよ本題。

 

 自分はよく「売り方が上手い」と言われます。

 

 画力は低いけど商才があるから売れてると思ってる人が多いです。

 

 じゃあ、自分みたいにやれば、みんな大儲けできる可能性がありますね。

 

 これは凄い・・かも?

 

 じゃあ自分のやり方を紹介しましょうか。

 

 作品の宣伝・販促はどうやったらいいのか?

 

 苦労して作った作品だから、できるだけたくさんの人に見てもらいたいですよね?

 

 どうやったら売上が伸びるのか・・・。

 

 より効果的に売れるのか・・・。

 

 その極意をお伝えしましょう。

 

 いいですか・・・よく、聞いてください。

 

 

 作品の宣伝は・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 販促は・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 全くやらなくて結構です。

 

 ・・・。

 

 え?言ってる意味がわからない?

 

 も~しっかりしてくださいよ。

 

 自分のやり方をマネすれば大儲けできるんですよ?

 

 もっと真剣に聞いてくださいよ。

 

 じゃあもう一回言いますね?

 

 作品の宣伝はやらなくて結構です。

 

 ・・・。

 

 え?まだ、意味がわかりませんか?

 

 やれやれ・・仕方ない。

 

 じゃあ、ハッキリ言いましょうか?

 

 売れてないなら、その作品は諦めろと言ってるわけです。

 

 売れない作品だから売れてないんです。

 

 だからすっぱり諦めちゃいましょうよ。

 

 ゴミ作品なんて売れるわけないんですからね!

 

 さあ次は頑張って、今度こそ売れる作品つくりましょう!

 

 ・・・。

 

 でも、そうは言っても、認めたがらない人も多いでしょうねぇ~。

 

 だから諦めが悪くツイッターやらで宣伝を頑張るんだと思います。

 

 売れない作品を売ろうと頑張る。

 

 でも、ほとんどの人は思ったように結果がでない。

 

 その状況を変えようと、大手作家にすり寄る人もいる始末だし。

 

  それ全部、無駄です。

 

 売れるために必要なのは「販売サイト」で目立つ事、それだけですから。

 

 kindleで売ってるなら、kindleで目立つ。

 

 DMM同人で売ってるならDMM同人で目立つ。

 

 サイトで目立つとは、初動でランキング首位(1位~3位)になることです。

 

 それも自力で駆け上がること。

 

 作品の宣伝・販促の極意はつまり・・・

 

今、売れている」こと

 

 だれか大手に宣伝してもらって~とか、拡散告知を頑張って~とか、そんなのはハッキリいって無駄な努力です。

 

 だって、買う側の気持ちになってくださいよ?

 

 売れてない作品にお金出したいですか?

 

 普通の人は今売れてる作品・・つまりランキング上位の作品が買いたいんです。

 

 売れてる作品だから、買いたいんです。

 

 つまり、売れてない作品なんか、誰も買いたくないんです。

 

 だから、売れない。

 

 ・・・。

 

 え?当たり前の事すぎてビックリした?

 

 でも、これが現実じゃないですか。

 

 売れない作品を爆売れさせる魔法なんて存在しないんですから。

 

 え?「宣伝するなって言っても、宣伝しなきゃ売れるものも売れないだろ!」って?

 

 ははあ~なるほど。

 

 つまり貴方は、義理や人情頼みで、売れない作品だけど俺のために買ってくれ?って人に頼んでるわけですか。

 

 さては貴方、エゴイストですね?(ひくわ~。)

 

 ま、売れる作品は、ほっておいても売れますから安心してください。

 

 現に、自分の作品は、今月の電子書籍市場でもなんの宣伝なしでもランキング首位に入りましたから。

 

 売れるために必要なことはなにか?

 

 単純に作品力。

 

 作品力が高ければ、勝手にサイトで売れて、ランキングで目立って、更に売れるわけです。

 

 そこに個人の告知やら、宣伝やらは、ほとんど影響を与えません。

 

 だから、初動でランキング首位とれなければすっぱり諦めて次にかける。

 

 未練がましく売ろうとしない。

 

 そんな労力があるなら次の作品に注ぎ込めばいい。

 

 

 まあ、そういう事です。