同人サークル「IronSugar」の戯言帳

同人サークル「IronSugar」と申します。DMM等で主にデジタル同人活動しております。

ストレスのない税理士選びの条件

 

 収入が増えてくると、税理士に依頼しようかと検討することがあります。

 

 自分の場合は去年に収入が突然増え、法人化の必要が出てきたタイミングで税理士に依頼をしました。

 

 ただ、最初にお願いした税理士はかなりダメダメでした。

 

 あまりにもダメだったので、数か月で切って、違う税理士にお願いしました。

 

 ちなみに、税理士の乗り換えはメール等で「やめます」と伝えて終了。

 

 気軽なものなので、税理士がイマイチだと感じたら即変更する事をお勧めします。

 

 ダメ人間はどの業界にもいる、地雷みたいなもの。

 

 それは税理士業界でも例外ではありません。

 

 そこで、ダメ税理士に苦労した自分が、税理士選びのポイントをお伝えしようと思います。

 

 

条件1 税理士報酬は月1~2万の間

 

 税理士報酬の相場はHPで見ると2~3万以上のケースもよく見かけるのですが、小規模の個人・法人なら月1~2万くらいで抑えられるところにした方がいいと思います。

 

 

条件2 月1回以上面会

 

 税理士に依頼すると、最初は色々と相談したいことが出てきます。

 

 しかし彼らは基本的に客と会いたがらない

 

 中には半年に1回とか数か月に1回という条件を提示してくることも。(それでいて報酬は普通の金額を要求)

 

 マメに会ってくれない税理士は避けた方が賢明です。

 

 

条件3 メールや電話での質問には即日返答

 

 質問のメールをしても即日返信しない。

 

 電話をかけても出ない。折り返しもない。

 

 そんな税理士はハッキリいってクソです。

 

 電話はまあ仕方ないにしても、メールの返信もすぐ返さないのは典型的なダメ税理士なので速攻で切りましょう。

 

 税理士はサービス業。

 

 こっちは税理士が提供するサービスにお金を払っているわけです。

 

 サービスの質が悪い税理士に価値はありません。

 

 

条件4 個人事務所よりは税理士法人

 

 税理士事務所は個人でやっているところが圧倒的に多いです。

 

 ですが、個人事務所は税理士本人と連絡が取りづらい。

 

 面会もあまりしてくれない。

 

 たとえ面会してくれたとしても、数時間みっちり付き合ってくれない。

 

 そういう時間的余裕を持っていない。

 

 なぜなら個人事務所は税理士が1人しかいないから。

 

 でも客からしたら、そんな事情は知ったことではない。

 

 人が少ないなら人を雇えばいいじゃない。

 

 え?スタッフを増やす余裕がない?

 

 なるほど・・・

 

 儲かってないからサービスの質が悪いのか!

 

 なら、最初から規模が大きく、儲かってる税理士法人に頼みましょう。

 

 税理士法人ならちゃんとしたスタッフが担当についてくれるので、連絡が遅いとか、電話がつながらないとか、面会してくれないとか、そういったストレスはなくなります。

 

 しっかり専門知識を持った人が担当であれば、なにも税理士本人に対応してもらわなくても問題ないですからね。

 

 

  結論・・・。

 

 個人事務所は避けて税理士法人に頼め!

 

 

 

 以上

 

 ご参考になれば幸いです。