同人サークル「IronSugar」の戯言帳

同人サークル「IronSugar」と申します。DMM等で主にデジタル同人活動しております。

もはや2次創作に未来はない

 

 連日、COPYTRACKの情報を追ってるのですが、ふと思ったことがあります。

 

 2次創作はオワコンということ。

 

 違法UP者に対して料金を請求できるCOPYTRACKですが、公式から明確に「2次創作は対象外」と宣言されてしまいました。

 

 つまり、2次創作ならCOPYTRACKのプレッシャーはない。ということです。

 

 無断転載しても訴訟リスクは低い。

 

 するとどうなるか・・? 

 

 

   無断掲載サイトは

  2次創作メインになる!

 

 

 ・・・。

 

 う~ん。

 

 2次というグレーゾーンで活動している弊害が、ここにきて顕著化してきた感じですね。

 

 そのほかにも、2次創作におけるリスクは多数存在します。

 

 ・電子書籍市場への参入不可

 ・コミケ衰退&売上低下

 ・版元からの抗議で公開停止になるリスク

 

 

 今後、COPYTRACKのような無断転載で金を徴収するサービスはグングン伸びると思います。

 

 海外からも次々とサービスが参入するでしょうし。

 

 そしてDMMやDLSiteも海外サービスと提携する可能性も高い。

 

 でも、2次創作は蚊帳の外

 

 グレーゾーンの住人は公のサービスを利用できません。

 

 そもそも利益を追求してはいけない立場ですから。

 

 まあ考えてみれば・・・

 

 「版元に無許可でキャラを使用して作品を描く同人作家」

 

 「作者に無許可で画像を掲載する業者」

 

 どっちも無許可で活動してるんだから、同類じゃないですか。

 

 なに都合の良い時だけ、権利を主張してるんだって話ですわ。

 

 まず、版元に許可貰ってから言えと。

 

 著作権を舐めてるのは、どっちも同じ。

 

 

 同類同士、仲良くするのも良いんじゃないでしょうか。