同人サークル「IronSugar」の戯言帳

同人サークル「IronSugar」と申します。DMM等で主にデジタル同人活動しております。

売れない人って哀れ。

 

 ネットをウォッチしてよく感じること・・・。

 

 晩年、売れてない人って、小細工に走る人がちらほらいるよなぁ~と。

 

 具体的には・・・↓

 ツイッターで宣伝・リツイートしまくる。

 ・匿名掲示板でステマする。

 ・大手作家にすり寄って、ヨイショして、関心を惹こうとする。

 

 

 なんていうか、こう、グイグイ押し売りする感じというか・・・。

 

 押して押して、押しまくれば売れる!と思ってるのか。

 

 それって売れない営業マンの典型の行動なんですけどね?

 

 まあ、確かに売上を出すのは大事なことです。

 

 でもね、なんか売上を出すために作品の質を良くするとか、内容で勝負するとか、そういう方向に努力してないように見える。

 

 「ありのままの自分」で売れたいと願ってる。

 

 結論からいうと、それはまず無理。

 

 現在売れてないなら、将来売れる可能性はほぼ0%です。

 

 作品を向上させるための努力から逃げたいから、違うアプローチでどうにかできないか?と暗中模索しても意味はありません。

 

 無駄な努力、ご苦労様。

 

 ああ・・・売れない人って哀れ。

 

 まあ、他人が売れようが売れまいが、結局自分にとっては他人事なんですけどね。

 

 自分は自分の心配だけしてればいい訳だし。

 

 でも、そういう人を見かけると本当に情けない気分にさせられる。

 

 どうしてここまでバカなのか?と。

 

 バカだからバカであることにも気づかないのか?

 

 気づかないし、改善しないからバカなのか?

 

 なぜ端からみたら逆効果な事に全身全霊をかけてるのか。

 

 これが俗にいう『無能な働き者』ってヤツでしょう。

 

 無能な人は無駄な事を一生懸命やって、周囲を疲弊させていきます。

 

 だから昔の人は処刑しろといったんでしょう。

 

 だって害悪しかないから。

 

 売れたい売れたい!とのたうちまわって、関係する人すべてを疲弊させ、うんざりさせる迷惑者。

 

 でも、当人は売れるために必要な宣伝・広報活動だ!って思ってるんでしょう。

 

 それ、違いますから。

 

 単なる押し売り&迷惑行為ですから。

 

 ほら、自分を見てくださいよ?

 

 作品の宣伝とかほとんどやってないけれど、ちゃんと売上出しています。

 

 最近は面倒くさくてHPの更新もしてないし、ツイッターでもブログ系のお知らせしかしてないし、人脈が大事だ!とかそういう考えもないから、誰ともコミュニケーションとったりしてないし(関係先は別だけど)

 

 でも、売れてます。

 

 その違いはなんでしょう?

 

 冷静に考えてみてください。

 

 作品の違いじゃないですか。

 

 作品が勝手に売れるか、売れないか、それだけの違い。

 

 売れない人が必死に広報して月収数万稼ぐ間に、自分は最小の労力で数百万稼いでしまっています。

 

 だって勝手に作品が売れるんだから大してやる事ないんです。

 

 日々、集計を見ながら「売れとるなぁ~」とつぶやくくらいです。

 

 だからこうやって宣伝抜きで気楽にブログを書けたりする。

 

 ちなみに、ブログで作品の紹介するときはありますが、作品へのリンク等は張ってなかったりします。

 

 作品が欲しい人は勝手に買っていくだろう。と思ってるからです。

 

 欲しい人はほっといても買う

 

 興味がない人はゴリ押しされても買わない

 

 それがわかってるから、ほとんど宣伝しないんです。

 

 あと、何度も言ってますが、本当の販促とは『サイトで目立つ』以外にはありません。

 

 だから、やることは宣伝じゃないんです。

 

 そんなのは無駄な事です。

 

 

<成功者の王道パターン>

 

 作品の質が高い

 ↓

 売れる

 ↓

 ランキングの首位にくる

 ↓

 更に売れる

 ↓

 サイトでピックアップ・広告がでる

 ↓

 更に売れる

 

 

 つまり作品の質が高く、勝手に売れないとスタート地点にもつかない。

 

 売れない作品を作った時点で負け。

 

 売れない作品を売るなんて、誰にも不可能。

 

 だから諦める。

 

 新作に全力を注いで、挽回する。

 

 常に反省・改善してパワーアップへの努力を怠らない。

 

 そうしないと、売れない運命を変えることはできない。

 

 そう思っております。