同人サークル「IronSugar」の戯言帳

同人サークル「IronSugar」と申します。DMM等で主にデジタル同人活動しております。

本当のプロ絵師は相場に左右されない

 

 ちょっと前の話題ですが↓

 

www.j-cast.com

 

 3万円が相場?っていうのはちょっと高すぎるイメージありますが、2500円でフルオーダーというのも安すぎる気もするので、まあ双方の金額ギャップがありすぎて炎上したような感じがしますね。

 

 でも、相場が下がる→自分にも被害が出る!っていうのはピンとこなかったり。

 

 絵師にしろ、デジ同人作家にしろ、自身の単価というか報酬を維持するには、その他大勢でもできるスキル程度ではダメなわけです。

 

 超絶クオリティ!詳細な描き込み!完璧なパース!こんな絵はプロにしか描けない!

 

 とか、

 

 このタッチ!この味!この雰囲気!オリジナリティ溢れるこの絵をかけるのは、世界で貴方だけだ!

 

 とか、そこまでいかなきゃ本当のプロじゃない。

 

 本当のプロ絵師は相場に左右されない

 

 だって、その絵師にしか描けないイラストなら、その人に頼むしかない。

 

 希少価値があるから報酬は維持される。

 

 あと、絵師が持つ知名度。も大事。

 

 無名の絵師と、著名の絵師、どっちのほうが宣伝効果が高いか?なんてもう考えるまでもない。

 

 クライアントとしては媒体の最大宣伝効果を狙いたいから、話題になりそうな絵師をチョイスしたり、より多くの注目を集めたいと考えたりします。

 

 基本的にクライアントは絵師に対して「技術」「オリジナリティ」「知名度」が揃ったときに、はじめて大金を払う気持ちになります。

 

 つまり商品に価値を感じるから数万~数十万円出すのであって、巷の平凡な絵師たちが「イラスト相場は3万!いいから3万くれや!」っていうのはズレてる。

 

 知名度もなく、没個性のイラストしか描けない絵師の報酬は2500円で十分

 

 今の時代、特集で上がってた主婦が描くほんわかとした絵柄でいいなら、「いらすとや」で全部まかなえちゃじゃない。

 

 求められてない。→だから安い。

 

 あるいは、そういう絵をかける人は何万人もいる。→だから価値が低い。

 

 自分にしか描けない絵、または知名度

 

 そういう付加価値にクライアントはお金を出すんだから。

 

 なんか、そういうクライアントの思考を全く理解してない絵師っていっぱいいるんだなーと思いましたね。